逆援助交際の基礎知識

援助交際は知っていても逆援助交際については知らない人も多いかもしれません。
援助交際の逆ですから何となくイメージはできるでしょう。
今回は【逆援助交際の基礎知識】をご紹介したいと思います。

逆援助交際とは

一般的に「援助交際」は男性が女性に対してお金や物品を渡して交際すること(実際には性行為をすること)を意味します。
20年前ほどから行われており社会問題化しています。
現在でもアンダーグラウンドで表面化していませんが確実に日本社会に根付いています。
逆援助交際はこれの逆パターンで、<女性が男性に金品を支払って関係を持つこと>を指します。

童貞は逆援助交際希望の女性にモテます

男性は二十歳になるまでに初体験をすませたいと思っていますが草食系男子ということばに象徴されるように実際には上手くいかず童貞である男性が少なくありません。
こういった童貞君を歓迎するのが逆援助交際を希望する女性です。

お金をもっている裕福な女性が男性を金品で買ってSEXすることが密かなブームになっています。
男性が処女にこだわるように、女性も童貞にこだわるわけです。
男性にとっては童貞を卒業できるし、お金をいただけるのですから渡りに船です。

女性扱いをして好感を得ることがポイント

逆援助交際を希望する女性は、女性扱いされていないケースが多いです。
そういった立ち位置にとても淋しさを実感しているわけです。
逆援助交際をやってみたい男性はこういった女性の気持ちを察してください。

思い切り女性扱いしてあげると好感度がアップします。
全ての主導権を女性に任せると上手くゆきます。

長期的に逆援助交際を継続する秘訣

逆援助交際を長期間持続できれば、お金もSEXも困ることはないです。
一般的に逆援助交際は1回限りのことが多いです。

女性に気に入ってもらうことは最低限必要なことです。
ある程度のSEXテクニックは必要になりますが、それ以上に大切なことは女性の希望や要望に応えることができるかどうかでしょう。
女性がデートしたい日に会って上げるとか希望するSEXをしてあげることです。
ハードなSEXを要求する女性もいますが喜んで応じる男性に女性はトキメクのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ